仕事の情報は適した求人情報で得られる

マッチングさせる

人材マッチングサービス

ベンチャー企業への就職の方法として、ウォンデットリーという会社が提供しているマッチングサービスがあります。 ウォンデットリーが提供しているサービスは、就職希望者が登録することで採用側の企業は就職希望者の情報を見れるのですが、通常の就職におけるエントリーシートや履歴書のような内容だけではない、就職希望者の人間性をより重視した内容を見ることができる仕組みとなっています。具体的には、ソーシャルメディアで発信している趣味の情報であったり、どのようなことに興味・関心があるのかという情報についてです。 登録の方法としては、Facebookのサービスを利用している人であれば、Facebookの情報と連携が可能です。登録していない人は、Eメールの情報を登録することでサービスを使い始めることができます。

ベンチャー企業に求められる人材

ベンチャー企業への就職においては、就職希望者と採用側の企業のマッチングは非常に重要です。ベンチャー企業は企業資源が限られた中での採用活動を行っているため、なるべく自社に合った人を採用してより長くキャリアを積んでもらいたいと考えています。またベンチャー企業のへ就職を希望する人も、入社後にどのように自分の能力を活かすことができるのかについて、入社前により具体的に知りたいと望んでいます。 採用の際のマッチングがうまくできることで、従業員のモチベーションの維持につながりますし、企業の成長へもつながります。ベンチャー企業においては、企業の成長のためにはより優秀な人材を雇いたいという想いが強いので、優秀な人材の採用が非常に重要となっています。